読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

V6の森田剛さんに対する世間とファンのイメージの違いについて

森田さんを初めて見た時、「あっ、この人はいつか辞めるんだろうな」と率直にそう思った。人を寄せ付けないオーラを振りまき刺々しいし協調性も0。グループの和を乱す良い例だと思うほど、誰がどう見てもグループとして活動するには向かないタイプだと思った。昔は金髪ロン毛の細眉やピアスに腰パンなど、アイドルらしからぬ風貌だった。見た目通り口も悪く、自己中心的で周りも振り回されて大変なんだろうなと思っていた。デビュー当時は坂本さんと仲が悪かったようで、言葉遣いや礼儀などを注意されても耳を傾けることなく、1年半無視し続けていたと言う話を聞きそりゃねえだろと思ったし、とにかく悪い印象しかなかった。

しかしながら20年経った今もV6の一員として森田さんはいる。辞めるどころかメンバーから「うちの天才なんですよ」と外で誇らしげに自慢されるほどのカリスマ性を持ち尊敬されている。岡田さんは生まれて初めて出会った天才が森田さんで衝撃を受けたと言う。V6のファンになれば他の人が好きでも必ず森田さんのことも好きになると言われているほど、V6のファンにとっても森田さんは特別な存在である。

私はV6のファンになり森田さんのことを知っていくうちに、森田さんが誰よりも生涯V6でいることを覚悟しV6を誇りに思っていることを知った。私が初めて森田さんを見た時から本当はそう言う人だったのか、あるいは何らかのきっかけが森田さんを変えたのかは定かではないが、森田さんの過去を辿るとV6という存在や、坂本さんの存在が大きく影響していたのかもしれないと感じた。今も当時の私と同じような印象を森田さんに抱いている人がいるとするならば、それは間違っていると声を大にして言いたい。

私は森田さんの喋り方や考え方が好きだ。「V6はどういう存在か?」と聞かれると、他のメンバーは「言葉には出来ない関係性」「空気みたいな存在」と答えたが、森田さんは「仕事仲間じゃないですか。それ以外見つからないんだよな・・・」と答えた。「V6の中で1番好きな曲は?」と聞かれると、他のメンバーは悩みに悩んで出した曲の思い出を話し始めたが、森田さんは少し悩んだ後「Timeless」*1と言い放った。「何故か?」と聞かれると「新しいものが1番良いから」と淡々と答えた。「V6は居心地が良いか?」と聞かれると「1人の方が楽。嫌でしょ(笑)20年もずっと一緒って・・でも、嫌だったら20年も続いてないから嫌いではないのかな・・・でも居心地は良くない」と答えた。

森田さんの受け答えは昔から非常に簡潔であっさりしている。だからなのか、彼の言葉はいつも私の胸を打つ。メンバーが「剛の言葉は説得力があるから大事な部分は剛に任せる」と言うように、本当に一言一言が良い意味で重い。そして誰よりも周りをよく見ている。とても客観的で冷静だ。彼が話す言葉は必ず的を射ていて、ファンやメンバーでさえも気付かないようなことも多くありハッとする。最近だと「『愛なんだ』を歌っている時はみんな笑ってるから、嘘がない感じがして良いなと思って俺は見てる」と言う発言にハッとした。撮り溜めてる番組を見返すと確かにみんな笑っていた。森田さんの言葉を聞いてハッとしたのは私だけではなくてメンバーもそうだった。この人はいつもこうやって一歩下がってV6を見ているんだと胸がジーンとした。

10年前に坂本さんが「昔はガミガミ怒ってごめん*2」と昔の出来事を涙ぐみながら「学校へ行こう!」で話したことがあった。森田さんは神妙な面持ちで1人涙を溜めていた。デビュー当時の坂本さんとの関係を思い出したのだろうか。

年齢差もあるし坂本さんも大人だったので、殴り合いをするほど関係が悪かったとは聞いたことはないが、本人たちの口から語られたことがあるのは、森田さんが坂本さんのことを「いつかアイツだけは殺ってやろう」と思うくらい毛嫌いしていたこと。森田さんがV6の評判を落とすような言動をした時には、坂本さんが裏に引っ張り出して大説教していたこと。森田さんが仕事に行きたくないと反抗していた時には、「お金をもらっている以上、引き受けた仕事は最後までやり遂げろ。それがプロだ」と坂本さんに怒られたことがあり、「行かなきゃ殺される」と恐怖に駆られるほど、その言葉は森田さんの胸に強く刻まれ今日に至る。そして、ファンの間でも有名なのが、デビューして1年半、マネージャーからの連絡待ちで現場に遅刻をしたから謝らない森田さんと、森田さんの遅刻の理由を知らない坂本さん。双方のすれ違いが生じ、坂本さんが森田さんに「謝れ」と言うと「うるせえ」と反抗してきたそうだ。その態度に腹を立てた坂本さんが「何だその口の聞き方は」と森田さんの髪の毛を鷲掴みにして怒鳴ったと言う話がある。森田さんは「坂本くんまで分かってくれないのか」と悔しさで泣きながら坂本さんを睨み付けたそうだ。「剛は涙を溜めて俺を本気で睨んで来た。でも、初めて俺に対して正面からぶつかってきてくれたことが嬉しかった*3」と坂本さんは話し、「分かってなかったのは俺だった。どんな理由であれ周りに迷惑をかけた以上素直に謝るべきだった」と森田さんは反省した。この出来事がきっかけで2人は和解したと言う。

そのような言動から事実無根の噂を流されることや、マスコミの標的になることも多く、人を信じることが出来なくなった森田さんは、スタッフや共演者でさえも信用することが出来なくなった。現場で上手くコミュニケーションを取ることが出来ずにいる森田さんを見兼ねた坂本さんが、「人を信じろ」とアドバイスをしたことがある。森田さんは最初はすんなりと受け止めることは出来なかったと言うが、その言葉のとおり、少しずつ実践していくことで改善することが出来たとそうだ。

坂本さんが涙ぐみながら話した同番組で森田さんは「坂本くんがV6を辞める夢を見て目が覚めたら泣いていた。そういう気持ちをずっと忘れたくない。応援してくれる人がいる限りV6を守っていきたいという気持ちで今はいる」と伝えた。今年の5月のラジオでは坂本さんのことを、「坂本くんが真面目で責任感が強いからV6の空気が出来た気がする。16〜17歳の時はもっと色んなことをやりたかったし発散したかったけど、坂本くんに後で怒られるからやめとこうかってセーブしたりとか。(ここで坂本さんが本当にごめんねと謝ったことに対して)そうじゃなくて坂本くんが正しい道に導いてくれた」と感謝を伝えた。過去には坂本さんのことを、「僕の道標」「坂本くんみたいになりたい」と言ったこともあり、本気でぶつかり合ったからこそ言える特別な関係性なんだと思った。

私は森田さんが語るメンバーがとても好きだ。坂本さんとのことは散々書いたが森田さんが楽しそうに坂本さんを絡んでいる姿を見ると、今はそういうことが普通にできるようになったんだ・・・と随分昔の話なんだけど比べてしまって感慨深い。6人でご飯を食べに行った時に誰が奢るかと言う話になり、一向に名乗り出ようとしない最年長の坂本さんに最年少の岡田さんが、「俺は別に払ってもいいけど逆にいいの?(笑)」と聞いた。すると、席順的に坂本さんの顔が見えない位置にいた森田さんが、「どんな顔して聞いてんの?(笑)」と坂本さんを覗き込むと、お気になさらずどうぞ支払ってくださいと言わんばかりの最年長らしからぬ顔に、1人大爆笑してる姿が最高に面白かった。6人でいる時はこうやって普通に話したりいじったりすることが出来るけど、2人きりになるとどこか他のメンバーと2人きりになった時とは違う空気が未だに流れている気がする。それは悪い意味ではなくてとても良い意味で。20年経ってもどこかぎこちない2人の関係性が良いなと今はそう思って見ている。

メンバーに連絡先を知られるのが嫌で、知られると翌日には変えたり返信もほとんどしない森田さんだけど、「リーダー(坂本)には返します。一応立場というか、可哀想じゃないですか。そういうところで、ね、なんかこうリーダーっていう思いをさせてあげないと。特別扱い?(笑)」って言ってたのがワードチョイスも含め森田さんらしくて凄く好きなエピソード(笑)。

長野さんと一緒にいる時は、長野さんの温和な雰囲気にのまれてずっとニコニコしているのが可愛くて好きだし、森田さんが長野さんのお土産を選んでいる時に、スタッフが「これはどうですか?」と勧めると「長野くんのこと全然分かってない!!!」と言い、店員さんに「こちらの方がいいですよね?」と尋ねられると「はい♡長野くん可愛いんで♡」と言う発言が愛で溢れていた。誰に対しても優し過ぎる長野さんに「もっと自分の気持ちを伝えてもいいと思う」と言っていたことがとても印象強く残っている。井ノ原さんには「井ノ原くんの司会は凄いなと思うけど、俺は司会をやってる井ノ原くんよりV6で馬鹿やってる井ノ原くんの方が好き」と言う発言がとても森田さんらしくて好きだし、三宅さんについても、「健のことはよく分からない」と言いながらも結局、「健のことは俺が1番よく分かってる」と言い切る森田さんらしい発言がとても好きだ。俳優業で重圧を背負う岡田さんには、「俺は岡田が背負っているものとかは分からないけど、V6でいる時くらいは何も考えずに笑っていて欲しい」という言葉を送った。岡田さんは目を潤ませていた。とても素敵だと思った。

今年微笑ましかったエピソードがある。本人たちが「おじさん達の寝起きドッキリとか放送事故でしょ(笑)」「全部モザイクになっちゃうよ(笑)」と口々に言っていたメンバーの寝起きドッキリがあった。長野さん→岡田さん→井ノ原さん→三宅さん→坂本さん→森田さんの順番で、長野さんが岡田さんを起こし、起こされた岡田さんと長野さんで次の井ノ原さんを起こすと言うような流れで、最後の森田さんの時には森田さん以外のメンバー全員で起こすことになる。「知らない人ばかりだとお腹が減らない」「ご飯を美味しく食べられる人と一緒にいたい」「朝は食べない」と言っていた森田さんが、起こされて5人がいることを確認した後に「おぉ、全員いるの・・?腹減った・・・・・」とホッとした表情で呟いた。森田さんの言葉を聞いてみんなが笑っている光景がとても温かい空間だった。

森田さんは「今」と言う言葉をよく使う。過去は振り返らない。いつも前だけを見据えて生きている。1本筋の通った生き方は決して他人の意見に左右されることはない。過去には辛いこともたくさんあったし辞めたいと思っていたこともあったと言う。だけど、V6は自分だけの人生ではなくて、メンバーの人生も自分が背負っていると思っていたから、簡単に辞めることは出来なかったそうだ。

「あっ、この人はいつか辞めるんだろうな」と思っていた人が、メンバーに向けて「いなくならないでね」と言う歌詞を書き、「誰1人として欠けることなく20周年を迎えることが出来て嬉しい」「僕の人生の中にファンのみんながいて、みんなの中にもV6がいて嬉しい」と話しているではないか。当時の私からして見れば信じ難い話であるが、生涯V6でいることを覚悟し、「これからもV6は変わり続けて行くけど、『この6人』でいることは変わらない」と話す森田さんは夢なんかではなくて確かにここにいた。

昔のことは覚えてないとか、メンバーに連絡先を知られたらすぐに変えるとか、メンバーは仕事仲間で居心地も良くないとか色々言うけど(笑)、森田さんが誰よりもメンバーのことを理解し、V6が大好きなことは知っているし見ていて分かる。そうじゃないと人と群れることが嫌いな森田さんが20年も続くはずがないから。森田さんはパフォーマンス中に、自分のパートじゃなくても歌を口ずさんでいることがとてと多い。歌うこと、踊ることが好きで、そして何よりV6の歌が大好きなんだと思う。

「ロボットみたいになっちゃうからメンバーに感謝の気持ちを伝えるのは難しい」と言う。今年1番心配なことは、「24時間テレビの企画とかでメンバーに感謝を伝えることがあったらどうしよう・・」と言っていた。実に森田さんらしい心配事だと思った。24時間テレビではそのような場面はなかったけど、ベストアルバムの特典映像でメンバーに感謝を伝える場面があった。絵に描いたような片言で不自然になる森田さんを、「棒読みなんだけど(笑)」「カンペがあるの?(笑)」とメンバーは笑っていた。何十年経っても素直になれない森田さんが好きだ。素直になっても公にその内容をメンバーに暴露されると、「おい!言うな!!!」「お前ふざけんなよ!!」「言ってない言ってない」「そんなこと言った!?」と全力ですっとぼける。「何で裏では優しいのにみんなの前では嘘つくの!?」「何でそういうところをみんなの前では見せてくれないの!?」とメンバーをもやきもきさせるほど素直になれない森田さんが好きだ。これからもそんな森田さんでいて欲しいと思う。

*1:2015年5月8日に発売した最新シングル。

*2:リーダー兼最年長の坂本さんはカミセンの教育係をしていた。事務所から「規律が乱れるから厳しくしろ」と言われていたので、相当厳しく接していたらしい。

*3:和解のきっかけとなるこの出来事が起こるまでは、森田さんに何を言っても反応が得られず約1年半無視されていたらしい。